転勤とリロケーション

Pocket

急な転勤が決まった場合、平均的に3年ぐらい新天地で生活する事が多いです。ただし海外となると3年以上、長ければ5年10年と長期間になる可能性も有ります。そんな時に一番心配になるのがマイホームではないでしょうか。
マイホームは一生に一度の大事な財産です。家族にとっては思い入れがある場所なので、転勤だからと言って簡単に手放す事ができない人がほとんどです。特に国内の転勤であれば、思ったより短期間の転勤になる可能性も有ります。そう考えると安易に手放せないと思うでしょう。かといって空き家にしておくと家の風化や物騒になってしまうと不安になるでしょう。

今までは親戚や友人などの家の管理をしてもらうか、管理会社に依頼して定期的に家が住める状態に保ってもらう事が必要でした。ただし家のローンや固定資産税以外にも管理費がかかり経済的に負担はとても大きいです。そこで新たな方法としてリロケーションを選択する事ができます。リロケーションは、持ち家を賃貸として段三者に貸し出しをして家賃収入を得るという方法です。今ではリロケーション物件も増えてきて、リロケーション物件を扱う専門業者も増えました。

そのため貸し主も安心して契約する事ができます。リロケーション会社に一任する事で、何かトラブルが起きた時は持ち主がすべてに関わる必要が無くなります。そして万が一入居者がすぐに決まらない場合でも、家賃収入が保障されるなどのメリットがあります。そのため今まで負担にしかならなかったマイホームがしっかり収入源として活躍してくれます。

admin