金銭的な負担が減る

リロケーションという言葉を耳にした事がある人もいるのではないでしょうか。新生活の時に引っ越しを検討している人であれば、目にした事がある物件かもしれません。リロケーションとは転勤やセカンドハウスを持っている人など空き家になってしまっている物件を賃貸として貸し出している物件の事です。通常の物件に比べると1割から2割程度家賃設定が低くなっているためお得な物件になっています。

マイホームを貸し出すのはと思っている人もいるかもしれませんが、二重生活になるのは思った以上に生活を圧迫させてしまいます。新天地での家賃や生活費に加え今までの住宅ローンの支払いや固定資産税、風化しない為に管理費用を支払わなければいけません。家を保つために必要なお金がさらに増えてしまいます。しかし収入源は転勤手当がわずか増えるぐらいで、二重生活をまかないきれるものではありません。

リロケーションを活用する事で、人に住んでもらうことができ管理費の必要が無くなります。それだけでなく家賃収入も同時に得ることができるため、金銭的な負担を大きく軽減する事ができます。更に転勤から戻ってくことが決まった場合は、退去するように申し入れができるためマイホームで引き続き安心して住むことができます。転勤族にとってはとても重要なシステムだといえます。

家の風化を防止

今転勤族にとってとてもありがたい制度がリロケーションです。リロケーションは、賃貸として持ち家を貸し出す事で家賃収入を得ることができます。住宅ローンや固定資産税の支払いにも充てる事ができ、二重生活の負担が軽減されます。そして一番のメリットは家の風化を防ぐことができることです。

マイホームを空き家の状態にしておくと通気性が悪く、カビや腐食を起こしてしまう可能性が高いです。水道なども使用しない状態が続くと錆びて、蛇口から悪臭が広がってしまいます。また家電やガス、車なども使用しない状態が続いてしまうと故障の原因につながります。そのため財産を守っているつもりでも実は、家に大きなダメージを与えてしまっていることになります。

そうならない為にも一番の解決法は誰かにかわりに住んでもらう事です。その方法として適しているのがリロケーションです。持ち主は不動産と賃貸契約を結ぶことで、入居者の募集から退去の申し込み、修繕引き渡しまで全て管理してもらう事ができます。そのため転勤が終わった後でも安心して自分の家に戻って生活をする事ができます。住居中のトラブルや家賃の踏み倒しなどが起きた場合、不動産会社が保障してもらうサービスを行っているところもあります。安心して家を任せられる不動産会社を選びましょう。

貸し主のメリット

急な転勤が決まった場合、多くの人が家族と一緒に生活を共にしたいと思うでしょう。しかしマイホームを持っている人によっては、家を守るためにも家族が離れ離れになってしまうのも仕方がないと諦めている人もいるでしょう。そこでマイホームをしっかり守りつつ、家族と一緒に生活をしていく方法としてリロケーションを活用するのがお勧めです。

リロケーションは、賃貸として持ち家を貸し出す事で、家賃収入を得るという方法です。多くのメリットがあり、転勤族には欠かせないものとなっています。実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。一番のメリットは家の風化を防ぐ事ができる事です。家は人が住むことで維持することができます。ガスや家電など動かさないまま放置していくと壊れてしまう確率が高くなります。

また空き巣に狙われやすくなる為、家の安全を確保する事ができます。もう一つの大きなメリットは収入源が増えるという事です。住宅ローンや固定資産税以外にも新天地の家賃や生活費が掛かります。そのため家賃収入で負担をなるべく軽減する事ができます。そして最後は管理を不動産に一任する事ができる事です。退去の申し入れ、退去後の修繕費、家賃保証などもサービスとして行っているところもある為安心して貸し出す事ができます。

転勤とリロケーション

急な転勤が決まった場合、平均的に3年ぐらい新天地で生活する事が多いです。ただし海外となると3年以上、長ければ5年10年と長期間になる可能性も有ります。そんな時に一番心配になるのがマイホームではないでしょうか。
マイホームは一生に一度の大事な財産です。家族にとっては思い入れがある場所なので、転勤だからと言って簡単に手放す事ができない人がほとんどです。特に国内の転勤であれば、思ったより短期間の転勤になる可能性も有ります。そう考えると安易に手放せないと思うでしょう。かといって空き家にしておくと家の風化や物騒になってしまうと不安になるでしょう。

今までは親戚や友人などの家の管理をしてもらうか、管理会社に依頼して定期的に家が住める状態に保ってもらう事が必要でした。ただし家のローンや固定資産税以外にも管理費がかかり経済的に負担はとても大きいです。そこで新たな方法としてリロケーションを選択する事ができます。リロケーションは、持ち家を賃貸として段三者に貸し出しをして家賃収入を得るという方法です。今ではリロケーション物件も増えてきて、リロケーション物件を扱う専門業者も増えました。

そのため貸し主も安心して契約する事ができます。リロケーション会社に一任する事で、何かトラブルが起きた時は持ち主がすべてに関わる必要が無くなります。そして万が一入居者がすぐに決まらない場合でも、家賃収入が保障されるなどのメリットがあります。そのため今まで負担にしかならなかったマイホームがしっかり収入源として活躍してくれます。